お問い合わせ
ごあいさつ治療内容適応疾患診療システムよくある質問Q&A地図お問い合わせリンク

Q1 鍼は痛くないのですか?
Q2 お灸は熱くないのですか?
Q3 鍼灸治療をした後に気分が悪くなった事があるのですが
Q4 何故脉を診るのですか?
Q5 鍼灸治療をどのくらい通えば効果が出ますか?
Q6 子供に治療を受けさせても大丈夫ですか?
Q7 鍼の衛生面はどうしてますか?
Q8 治療を受けるのに着替えはどうしますか?
Q9 治療にかかる時間はどのくらいですか?


Q1
鍼は痛くないのですか?
A1
 鍼灸院ですので鍼を使うのは当然ですが、深く刺して治すという治療法ではないので痛みを感じるという事は全くありません。乳幼児の患者さんには先の尖っていない「てい鍼(しん)」という鍼で治療をしていますが、大人の方でも症状・体質によって、てい鍼での治療という場合もあります。

Q2
お灸は熱くないのですか?
A2
 灸治療も当然行なっていますが、火傷目的ですえるのではありません。熱いというよりも温かい感覚を受けます。しかし症状によっては多少熱さを感じて頂く場合もありますが火傷になるほど強い刺激ではありません。米粒ほどの「ごま灸」とピラミッド型の「知熱灸」という二種類のもぐさを症状・体質に合わせて使い分けていきます。お灸の効果はレーザーや赤外線では決して出す事の出来ない、深い部分まで染み透る心地良い刺激を与えてくれます。

Q3
鍼灸治療をした後に気分が悪くなった事があるのですが
A3
 鍼灸治療をした後にはだるくなったり、眠気が出る場合があります。その様な状態を瞑眩(めんげん)と呼んでいます。特に脉を整える治療というのは、お身体の根本からの治療をさせて頂くので、身体が回復に向かって好転反応として出る瞑眩なので、返って喜ばしい事なのです。しかし、治療を受けて頂く患者さんの体質に耐え切れないほどの強い刺激を与えてしまうと、身体を弱らせてしまうという結果になりますので、ご自分の体質に合った治療を選ばれる事が大切です

Q4
何故脉を診るのですか?
A4
 脉を拝見させて頂くという事は患者さんの現在のお身体の状態、五臓六腑のバランス、気・血・津液の調和など全てが的確に判断できる手段なのです。
診断からすぐに治療を始められるという、方向性を示してくれるのが脉状です。

Q5
鍼灸治療をどのくらい通えば効果が出ますか?
A5
 「未病を治す」目的の患者さんは週に1回のペースで通われています。しかし、ぎっくり腰や寝違いなどの様な急性症状の場合には何日か続けて入らして頂きます。逆に何年も悩まされている様な慢性化した症状、例えばアレルギー症状や生理痛などの婦人科疾患という症状は、時間をかけて体質改善に望まれたらいいと思います。まずは症状に合わせて、治療の組み立てを話し合って行きます。

Q6
子供に治療を受けさせても大丈夫ですか?
A6
  前述している通り鍼を刺す事による刺激で治療にあたる訳ではありませんので、子供さんも大人の方も治療を受けて頂く年齢制限はございません。しかし基本的には小学生ぐらいまでの患者さんには前述した、てい鍼という先の尖ってない鍼で行なっています。
 また、金属アレルギーの方や尖端恐怖症の方の治療は大丈夫ですか?という質問を受ける事がありますが、これらも鍼の操作の仕方や鍼の種類の選別で何も問題はありません。




Q7
鍼の衛生面はどうしてますか?
A7
 治療で一度使用した鍼は処分しますので、当然同じ鍼を使用するという事は絶対にございません。また手指などの消毒に関しては、アルコールよりも殺菌作用の強力な塩化ベンザルコニウム液を使用しています。

Q8
治療を受けるのに着替えはどうしますか?
A8
 当院特注の治療着をご用意しておりますので、何も用意せずに入らして下さい。

Q9
治療にかかる時間はどのくらいですか?
A9
 初診時には問診に時間を要しますので、だいたい70分ぐらいお時間を頂きます。2回目以降は40〜50分程です。


※以上が日頃問い合わせを頂く内容です、これ以外何かお尋ねになりたい事がございましたら
お電話(03-6766-2289)かメールにて、お気軽にご相談下さい。


ごあいさつ治療内容適応疾患診療システムよくある質問Q&A地 図お問い合わせリンクトップ
※当ホームページに掲載された文章、写真、画像など全ての情報の無断転載を禁じます。