お問い合わせ
ごあいさつ治療内容適応疾患診療システムよくある質問Q&A地図お問い合わせリンク

 漢方はり治療とは
 我々の身体を構成するものとして漢方医学では、気(き)・血(けつ)・津液(しんえき)が大切な柱と考えられています。これらの3本柱はいずれも生命を維持していく上で大切な物質であり、生命活動のエネルギー源なのです。漢方はり治療では、病の原因をこれら気・血・津液の過不足や停滞と捉えています。この3本柱の不足の状態というのを簡単にしてみますと。

「気」が不足した状態=疲れやすい、息切れがする、汗をかきやすい、めまいがする。
「血」が不足した状態=顔色が悪い、唇や爪の赤みが少ない、皮膚や髪の毛がパサパサに    乾く。
「津液」が不足した状態=のぼせる、手のひらや足の裏がほてる、口が乾く。

以上のように不足した状態だけでもこれだけの症状が出てしまうのですから、過剰になったり、滞った状態になってしまったら、更に様々な症状を引き起こしてしまうことになります。

これらの状態を的確に判断して、スムーズに治療を行っていくという事が、漢方はり治療の醍醐味なのです。

治療の流れとしましては、患者さまとのカウンセリングにて、呼吸・発声・発語、そして当日のお身体の状態を充分に聞かせていただき、舌の状態・皮膚の艶・お腹の弾力等を確認した上で、患者さまの「お脉」を拝見させていただきます。
これらの流れを、「望診・聞診・問診・切診」と言います。
そうして、気・血・津液の過不足や滞りを把握して、最後の脉診という手段が、治療を進めていく上での大切な鍵を握ることになって来ます。


患者さまの訴えているつらい症状からその随伴症状、病歴や既往症、そして体質等も考慮に入れて、そのその患者さまに最も相応しい治療方針を立てて行ける方法こそが、当院の治療の特徴である脉診となります。

脉診の意義として、まず患者さまの脉状より、「証」というこれから治療を進めていく上での方向性を導き出します。そして実際に手・足の重要な「ツボ」に3〜4点、鍼をあてて行きます(刺すのではありません)
この手技が、患者さまをつらい目に合わせている状態から
回復できる力を引き出すことになります
この時使用する「鍼」なのですが、髪の毛程の細い繊細な銀の鍼、もしくは乳幼児などに使用する先の尖っていない「てい鍼」という銅の鍼を、患者さまの症状・体質によって選んで行きます。

身体の中に起こってしまった症状というのは結果です。当院の鍼灸治療は結果だけを相手にする治療ではありません。その症状を引き起こしてしまった原因というものを導き出して、それを正して行く治療法となります。


 治療の流れ
1.カウンセリング
  ↓
2.治療方針のご相談
  ↓
3.脉診
  ↓
4.必要に応じた処置(鍼を少しの間お身体に付けさせていただいたり…ミリ単位です) 温かいお灸をすえさせていただく等
  ↓
5.養生法等のアドバイス


聞きなれない治療方法もあるかと思いますが、、、
・マッサージや整体に行っても、すぐに元に戻ってしまう。
・病院に行っても薬だけ処方されて、完治しない。
・抱えているつらい症状を、年齢のせいにされて治してもらえなかった。
・不妊治療がなかなかうまくいかない。
・逆子になってしまったのを、元に戻したい。
・なぜかイライラする、睡眠導入剤や抗うつ剤に頼るのをやめたい。

など、つらい症状を抱えておられる方は、一度ご相談いただけたらと思います。


 









何か疑問点・ご質問等ございましたら、こちらよりお送り下さい。


ごあいさつ治療内容適応疾患診療システムよくある質問Q&A地 図お問い合わせリンクトップ
※当ホームページに掲載された文章、写真、画像など全ての情報の無断転載を禁じます。